teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


くさなぎ 所縁です

 投稿者:まさき  投稿日:2018年 3月21日(水)13時25分53秒
   前回、清水ゆかりの鳥取県東部の事例を投稿しましたが、
その後、首都など県外の男女による大麻事件が話題となり、
背景 忖度して控えておりましたが、先月、隣の若桜町で
選挙が行われ、駿河で武威を誇った入江党の名を承ぐ
矢部康樹氏(56)が初当選しました。

 同町では ふるさと清水への関心が高く、同時に
当選した中尾町議は、かつて清水 矢部地区を訪れ、
矢部神社 祭神の鎌足公像を拝し 感動されたそうです。

 いま地域創生事業の進展が望まれるところです。
 
 

静鉄電車の色

 投稿者:むじな  投稿日:2017年 5月25日(木)23時59分39秒
   静鉄に新しい車両が導入されつつあります。しかし、デザインが気に入りません。
 今の車両は多くはラッピングカーなのでデザインも何もあったものではありませんが、新しい車両は長く親しまれるデザインであってほしいと思います。
 その色は、最初は青、次は赤、とレインボートレインということでいろいろな原色を採用するそうです。赤はイチゴ、青は空と海、緑はお茶、といった感じです。これは、FDAの機体の色と同じようなもので、何のオリジナリティもありません。「静鉄電車」と言った時に最初にイメージする色はない、ということになります。
 電車の色のイメージは大変重要です。阪急の小豆色、名鉄と京急の赤、JR東海の新幹線の青、南海の緑、など色を見るだけで電車が浮かびます。それなのに、車両ごとに色を変えるなどもってのほかです。
 私見では、抹茶色に統一して、落ち着いた雰囲気を出せたら高級感もあり、末永く愛されるのではないかと思います。採用する色はともかく、統一感のない路線はぱっとしないでしょう。
 

地域創生の原点

 投稿者:まさき  投稿日:2015年 7月26日(日)13時57分45秒
  前回、清水の洪水について 伊丹での反響をお知らせしましたが、静岡 清水ゆかりの
行政家の講演が 長年 交流のある伊丹で行われましたので、ご紹介します。

http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=50378

鳥取県東南にある智頭町は 地域創生の本場として、かねて注目されています。
町長の寺谷氏は北隣の旧八東町の入江家の出身ですが、同家は清水区を含む地域にあった
荘園・入江庄にルーツをもつとされます。

成長戦略の要である地域創生事業が、実際に全国展開できるか予断を許しませんが、
智頭町 寺谷氏のさらなる活躍に期待しております。
 

参考まで

 投稿者:まさき  投稿日:2014年10月19日(日)16時28分27秒
編集済
  先日の水害についてのブログが反響を呼びました。

http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=49796
 

七中の下

 投稿者:むじな  投稿日:2013年10月 5日(土)18時14分38秒
   七中の北西の角の交差点(ロールケーキ屋の角)を北に入ったところの公民館通りとの交差点は事故多発交差点でしたがとうとう信号機がつきました。
 北から来るとこの交差点から南幹線の信号が見えない(信号機は見えるが工夫されていて色が見えないようになっている)ので、南幹線を東や西に行く場合、公民館通りを行くべきか南幹線に出るべきか迷うところです。南幹線を南北にまたぐ信号はずいぶん待たなければならないので苦労します。
 

高校野球について

 投稿者:まさき  投稿日:2013年 8月12日(月)07時42分0秒
  今日も甲子園は晴れています。 第一試合は岩国商業と前橋育英です。

岩国は清水出身の吉川家の関係で地域交流が続いています。

両校とも実力を出しきればいいですね。
 

清水ゆかりの松原について

 投稿者:まさき  投稿日:2013年 5月 3日(金)10時29分58秒
   三保松原の世界遺産登録 残念ですが、大騒ぎすることでもないでしょう。
そっくりな地形が淡路にあります。慶野松原です。しかも鎌倉時代、清水の船越氏や矢部氏が地頭として開拓を始めた由緒まであるのです。
 三角形の淡路島の中央には、三原の海と呼ばれる巨大な潟湖が広がっていました。ちょうど天橋立のような絶景で、一筋の松原が西の播磨灘を仕切っていたのです。今でも田植え時には船越氏の城跡から一面の水田を一望できます。船越氏や矢部氏は故郷の技術で干拓していったのでしょう。

 江尻という湊も清水と関係あるでしょうか。鎌倉政権は清水入江の水軍を頼りにしていました。熊野の水軍は源行家ゆかりなので 信頼できなかったでしょう。大阪に向い合う淡路の東浦にも 同じ1200年、吉川氏や三沢氏ら清水水軍が進出しました。淡路は 西の清水区なのです。
 清水と大阪湾を結ぶ帆船 日本丸航海があれば、そんな歴史も想い出してください。
 

草薙えんま祭によせて

 投稿者:まさき  投稿日:2012年 6月 1日(金)00時23分6秒
  中之郷に熊野神社があるんですね。
古くからのつながりがある伊勢神宮と同様、海上交通の名残でしょう。
曹洞宗のお寺の協賛も 清水入江の武士たちの歴史を感じさせてくれます。
 

連絡先

 投稿者:めきゅ@草薙すくえあ  投稿日:2012年 5月27日(日)16時13分52秒
  「草薙すくえあ」への連絡は
こちら↓
kusanagisq@hotmail.com
 

草薙すくえあからのお知らせ

 投稿者:めきゅ@草薙すくえあ  投稿日:2012年 5月27日(日)16時12分0秒
  《草薙えんま祭 ボランティアスタッフ(実行委員会メンバー)募集のお知らせ》

 地域情報サイト「草薙すくえあ」では、貴重な草薙の文化・財産である「閻魔大王像」をぜひ多くの方に知って頂きたいと、草薙の閻魔様復活プロジェクトを立ち上げました。
 その一環として今年で4回目になる「草薙えんま祭」を今年も開催致します。

<「草薙すくえあ」団体概要>
 2001年に静岡県立大学の学生により設立したインターネットサイト。
 大学生活と地域との関わりを深めることで、大学生と地域双方にいい影響があると考えました。
 当時は大学の公認サークル。後に地元の有志の者で運営するようになりました。
 2006年10月にリニューアル。今後も地元の人が楽しく情報交換できるサイト作りを目指します。

<草薙の閻魔様の歴史>
 もともと、清水区中之郷の東海道沿いに「閻王寺」というお寺があり、そのお寺のご本尊様さまが閻魔大王でした。
 「閻王寺」は明治10年(1877)に火災に遭い、その後、再建されることはありませんでした。そのため、閻魔大王像は近くにある鳳林寺に預けられ、現在は、中之郷熊野神社境内にある薬師堂内に安置されています。

<えんままつり概要>
日時 2012年8月11日(土)10時から17時
場所 清水区中之郷 熊野神社境内
内容 閻魔様ぬりえ大会、わたがし、かき氷、地獄屋敷(お化け屋敷)他
   ※参加無料

主催 草薙すくえあ(地域情報サイト)
共催 (有)きのいい羊たち
協賛 曹洞宗 鳳林寺
後援 静岡市教育委員会

<募集要項>
●対象:・大学生以上で、えんまさまのお祭りを盛り上げたい人。
     ・8月10日の準備(10時~16時頃を予定)と8月11日(9時30分頃~17時30分頃)のお祭りに参加できる人(事前に何度か顔合わせ&打ち合わせをしますが、基本MLにて連絡を取り合います)
●謝礼:ありませんが、後日、草薙の料亭「吉おか」でお疲れ様会(参加費無料)をします。
●やっていただく事:わたがし、かき氷をつくる。お化け屋敷の受付・お化け役、紙芝居の読み聞かせなど。
●応募方法:おもしろそう!やってみたい!という人は、草薙すくえあまでご連絡ください。

よろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/27