teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


のどかだった草薙駅

 投稿者:草薙で育った男  投稿日:2008年 2月18日(月)17時10分2秒
  >今の駅入口は東端にあるので

で思い出しましたが、以前(昭和40年代まで)は駅員と乗務員の阿吽の呼吸で、間に合いそうも無い乗客を電車の出発を遅らせて乗せてあげることが日常的でした。なにしろ1時間に1本しかないので乗り遅れると大変だったのです。

上り列車の場合は、階段を登らずに電車の前の線路を歩いて横断してホームまで行かせてくれました。いい時代だったんだな~とつくづく思います。それで誰も怪我した人はいなかったしね。
 
 

草薙駅北口

 投稿者:めきゅ@草薙すくえあ  投稿日:2008年 2月 7日(木)09時49分20秒
  草薙で育った男さん、ありがとうございます。

 今の駅入口は東端にあるので、西端にも入り口付けてよ、と思いますが...そんな話はないのかなぁ?

> 国道からのアクセスが表玄関になるようで、今の駅前は裏口になる可能性
 これこそ、駅前商店街の人たちが心配している事のようです。
 でも、駅北は、すでに工場や学校でいっぱいなので、商店は建たないだろうし、静鉄とJRの乗り換えのお客さんが多いので、例え設計上「裏口」になっても、南口が実質上の表玄関になってくれる、と信じています。
 逆に、駅北の人が橋またぎ通路を利用し駅南の商店街に行きやすくなり、南口が栄えていくのではないか、とも想像できます。

http://kusa.squares.net/

 

静鉄電車と草薙駅

 投稿者:草薙で育った男  投稿日:2008年 2月 6日(水)11時37分57秒
   以前、草薙では「電車」は静鉄、「汽車」は国鉄のことだったとお話しましたが、最近の静鉄は車体にいろいろな絵を描いたりしてバリエーションが増えていますね。

 ピンクとクリーム色のツートンカラーの車体から銀色のステンレスカーになった時にはずいぶん新鮮に感じました。しかし最近はシール広告から始まり、だんだんゴテゴテと飾り立てるようになってきたようです。やはり広告収入が魅力的なのでしょう。

 それから、最近の新聞では草薙駅の橋上駅(清水駅のような線路をまたいだ駅)化が本決まりになりそうだとのことでした。国道からのアクセスが表玄関になるようで、今の駅前は裏口になる可能性があります。大和製缶、ポーラ、静銀本部、サレジオなどに通う人には飛躍的に便利になるでしょう。
 

くら寿司

 投稿者:しず  投稿日:2007年11月10日(土)00時57分46秒
  輝けポーラスター!さん、くら寿司情報を
ありがとうございます。
10皿食べるごとにチョロキューですか!!
おもしろそうな、お寿司屋さんですね。
とても気になります。
 

お久し振りです

 投稿者:輝けポーラスター!  投稿日:2007年11月 8日(木)18時04分36秒
   大野さんの話題が出ていて懐かしく思います。声の大きな気さくな先生でした。
くら寿司が開店しました。いつも混んでいますね。プレオープンで行ってきましたが、10皿食べる毎にチョロキューが出てきました。最近、静岡市内でも回転寿司が増えましたね。土日はどこも混んでいます。

http://www.430.jp/rak2/user/polestarforever/

 

大野歯科!

 投稿者:ジョニー  投稿日:2007年10月13日(土)19時19分46秒
  >草薙で育った男さん

大野歯科、友達が働いていた関係で、自分も通っていました。
友達に口をあーんさせられて見られるのは嫌でしたが、大野先生にはいろんなとりとめのない話をよく聴いてもらい、しかもウケてもらったので、とても感謝しております。もちろん、腕も確かでした。

ジョニーで多分通じると思いますので、どなたかお会いになる方いらっしゃったらよろしくお伝えください。

http://www.kusa.squares.net/

 

草薙エリアの病院

 投稿者:しず  投稿日:2007年10月13日(土)11時48分0秒
  ‘草薙で育った男’さん、病院にまつわるエピソード、
興味深く拝見しました!

草薙エリアには開業医の先生がたくさんいますよね。

>以前の病院は注射をすることが珍しくなく
確かに普通の風邪でも熱があればすぐに注射・・
でしたね。‘注射’の‘ちゅ’だけで震え上がり
そうになるのが、子供心なんでしょうね。

私もインフルエンザにかかって、ふらふらに
なりながらも、歩いてすぐにいける近所の
医院に助けられた思い出があります。

高度な専門的病院も勿論必要ですが、
自分の思い出の一部にもなるような
近所のかかりつけのお医者さんも
大事な存在ですよね。
 

病院

 投稿者:草薙で育った男  投稿日:2007年10月13日(土)00時31分30秒
   以前、小林医院の話をしましたが、以前の病院は注射をすることが珍しくなく、子供にとっては注射をされるかどうかは大問題でした。今では、風邪程度で注射をすることはなくなりました。

 公民館通りの村上小児科はかならず注射をするということで有名な病院でした。もちろん、それが悪いわけではないのですが子供には評判が悪かったのです。

 御門台駅そばの小原医院は先生がユニークで私は好きでした。高校のとき、石垣イチゴを食べ過ぎて下痢をしてふらふらになって小原医院に行ったら、血液検査してなにやら栄養剤をゆっくりと静脈注射してくれました。そうしたら突然元気になって驚きました。

 七ツ新屋交差点そばの大野歯科も名医の誉れ高いです。私が有度小の4年生のとき、口の中に鉛筆の芯を刺してしまい、悪いことにそれが折れて「くすがってしまった」ので、保険の先生が連れて行ってくれました。麻酔注射をして周りを切開して芯を取り出してもらいました。今は、息子さんが後を継いでいます。
 

龍勢

 投稿者:めきゅ@草薙すくえあ  投稿日:2007年 9月18日(火)11時23分50秒
  shimakiさん、リンクありがとうございます。

 今年の龍勢は、家康入城400年を記念して、他の地方の伝統花火も披露されるようで楽しみです。

http://kusa.squares.net/

 

まもなく龍勢

 投稿者:shimaki  投稿日:2007年 9月16日(日)19時37分2秒
  もうすぐ草薙に龍勢が上がりますね、9月23日のようです。
地味な行事ですが、歴史を感じます。

久々の投稿ですが「草薙すくえあ」をリンクさせていただきました。

http://www.geocities.jp/shimakis/

 

レンタル掲示板
/27