teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


オーボエを海外から輸入してみました。

 投稿者:mika  投稿日:2014年 8月 2日(土)07時21分18秒
  ご参考になると嬉しいのですが、円高なので、オーボエを海外から輸入してみました。ショップUSAというお店に輸入代行を依頼したのですが日本で購入するのと比べかなり割安で購入できました。
親身になって欲しいものを探してくれたので安心してお願いできました。見積もりは無料なので聞いてみると良いですよ。
 
 

ダブルリードアンサンブル エスプレッソ第22回演奏会

 投稿者:もも  投稿日:2012年11月13日(火)14時51分48秒
  2012年11月27日(火)
PM7:00開演
ルーテル市ヶ谷センター
入場料:3500円

出演者
Oboe 小林裕
Oboe,Oboe d'amore,English Horn 宮川真人
English Horn 柳瀬吉明
Oboe ,English Horn 海上なぎさ
Fagott 高林美樹、中澤美紀
Kontrabass 河原田潤
Cembalo 山縣万里

プログラム

=第1部=

・行進曲「美中の美」(スーザ)編曲:宮川
・ノクチュルヌ第4番(プーランク)編曲:柳瀬
・ノヴェレッテ第2番(プーランク)編曲:柳瀬
・パヴァーヌ(フォーレ)編曲:宮川
・神秘の障壁(クープラン)
・2つの即興曲(マルティヌー)
・シテール島の鐘(クープラン)
・ベルガマスク組曲(ドビュッシー)編曲:宮川

=第2部=

・舞踏会の美女(アンダーソン)編曲:宮川
・ブルータンゴ(アンダーソン)編曲:宮川
・フェリシダージ(ジョビン)編曲:柳瀬
・A列車で行こう(ストレイホーン)編曲:宮川
・ムーンライト・セレナーデ(ミラー)編曲:柳瀬
・テイク・ファイブ(デスモンド)編曲:柳瀬
・男と女(レイ)編曲:柳瀬
・鮫(ピアソラ)編曲:宮川

*チケットは、http://www006.upp.so-net.ne.jp/ob-momo/ からメールで受け付けています
 

(無題)

 投稿者:千夏  投稿日:2012年 3月 3日(土)18時05分17秒
  オーボエって意識が大事なんですよね  

お久しぶりです

 投稿者:ももメール  投稿日:2011年11月19日(土)23時25分48秒
  大林様
こちらこそびっくりです。
あの時は少しばかり厳しいレッスンで申し訳なかったと思っています。
気持ちばかりが先走っていて、技術が伴っていなかったのに、あなたは結構吹けるつもりだったのです。
つまり勘違いだったわけで、酷ではありますがそれを正直に伝えなくてはと思ったのです。

辻先生は私もよく存じ上げている先生で、とても優しく肌理の細かいレッスンをして下さる先生なので安心しました。
またいつか再会できる日を楽しみにしています。
 

こんばんは

 投稿者:大林章子  投稿日:2011年11月19日(土)22時44分41秒
  突然の書きこみ、すみません。私は2007年に2度ほど出張レッスンをして頂いた全盲の大林です。
確かヘンデルのソナタを見て頂いたと思います。
ずっとご無沙汰していたのですが、先ほど偶然このhpに来たので、書き込みをしました。
オーボエを初めて6年半、実は現在は辻功氏に師事しています。初めのころは初心に戻り、かなり薄いリードで練習し、少しずつ重い物にして行きました。奏法も呼吸法、アンプシュアなど、やはり基本からやり直しました。
時間はかかりましたが、今はかなり安定して長時間の演奏が出来るようになりましたし、表現も出来るようになってきました。そしてオーケストラ、室内楽の分野でオーボエ演奏を楽しんでいます。
これからもゆっくりですがさらに上を目指して頑張りたいと思います。
何時か演奏を聴いていただける日が来たら、とても嬉しく思います。


 

すみません

 投稿者:ダブルリード男子  投稿日:2011年 6月 3日(金)21時04分20秒
  回答ありがとうございます
あと、自分でも無意識に使ってしまいました。
これから気をつけます。
 

道具と技術

 投稿者:ももメール  投稿日:2011年 6月 1日(水)23時01分58秒
  これは天秤の両腕です。要はその釣り合いが大事なんですね。

思うように演奏するためには、道具を変えれば(探し出せば)よいのだろうと思って、(それプラス知識や情報)
そればかりに明け暮れているのを「オタク」といいます。オーボエには結構こういうタイプの人が見受けられます。
頭でっかちで、自分の技術そっちのけで、楽器やリードがやってくれると思っている人です。

一定の技術がある場合、道具によって出来ないことが出来るようになることもあります。(楽器やリードの調整など)
今回のあなたのようにです。
まさに道具と技術は車の両輪のようなものです。
指導者がいる場合は、それらを見極めて両方を巧く高める方向で指導してくれるでしょう。


『んまあそれで、タンギングを軽くしたいのですが、
やはりこれもリードですか?』

この場合も「今のあなたの技術で」出来る道具を探せばいいともいえます。
また、できないのは「あなたの技術が足りないから」ともいえるでしょう。
それはどっちなのかわかりません。両方かもしれません。
指導者が身近にいない場合は、結局これを見極める自身の冷静な賢さが必要になってきますね。


最後に、『んまあそれで』という言葉使いはないでしょう?
自分と相手との立場や関係を考えて言葉を選びましょう。
 

ありがとうございます 

 投稿者:ダブルリード男子  投稿日:2011年 6月 1日(水)19時39分20秒
  ありがとうございます。
確かに試してみたら、うまくなりました

あの、あともう1つ質問です。
今やっている曲に出てくるソロなのですが、
mpで、スラーが連続で続くといいますか、、

んまあそれで、タンギングを軽くしたいのですが、
やはりこれもリードですか?
 

(無題)

 投稿者:ももメール  投稿日:2011年 5月17日(火)10時26分59秒
  上のAが安定しない、真ん中のCの音色が悪い、これに共通する原因として、最初にリードを疑ってしまいます。
どちらの音もオーボエ吹きにとっては嫌な音です。
あなたのような症状はよくあることで、悩んでいる人は多いはずです。
安定しない音を安定させようとして吹き続けるうちに、奏法の方がおかしくなってしまうこともあります。
いつのまにか特定の音だけ違う吹き方になってしまうのです。
なので、これまでと違うリード、これらの音が安定して出せるリードをいくつか試してみてはどうでしょう。
まずこれをやってみてください。ダメなら奏法の問題ということで、改めて書き込んでさい。

奏法は最も大事な要素ですが、道具(楽器やリード)も大事です。
指導者が身近にいない場合、なかなか道具の良し悪しはわからないものです。
オーボエの場合、「きちんとした奏法」「整備された楽器」「質の良いリード」
この三つが成り立っていることが望ましいですね。
 

初めまして

 投稿者:ダブルリード男子  投稿日:2011年 5月12日(木)19時30分45秒
  初めまして、オーボエ始めてもうすぐ2年の高1です。
先輩がいなくて結構独学でソロとか吹いてきたのですが、自分の弱点がやっとわかってきて誰かに聞けないかなあと思ってたところでした。
上のAの音程が高く出てしまい、腹圧で補正すると、唇が揺れて、音も揺れてしまいます。
どういう練習をすればいいでしょう?

あと真ん中のCの音色が他の音の音色より悪くでてしまいます。

よろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/13